OpenCV で画像をぼかす

コードについて

OpenCV で画像をぼかすには、平滑化関数の cv2.blur を使える。出力画像 = cv2.blur(入力画像,(平滑化フィルタ幅,平滑化フィルタ高さ)) でぼかした画像を取得できる。

実用上、ぼかしには2種類のパラメータがあると考える。1つは、「周辺の情報をどれだけ広く取り込むか」で、もう1つは、「元画像にぼかし画像をどれくらいの比率で混ぜるか」だ。下記コードでは、ぼかしの関数 b を定義し、2番めの引数で広さを、3番めの引数で元画像と混ぜる比率を、指定できるようにした。

import cv2
import sys
import numpy as np

# 画像を加工する                                                                                                                 
def mkimg(img):
    img2 = b(img,30,0.3)
    return img2

# ぼかす                                                                                                                         
def b(img1,i=4,v=1.):
    img2 = cv2.blur(img,(i,i))
    img1f = np.float32(img1)
    img2f = np.float32(img2)
    return ct(img1f * (1. - v) + img2f * v)

# 値を0-255にclipして、typeをuint8にする                                                                                         
def ct(img):
    return np.clip(img,0,255).astype(np.uint8)

file_name = sys.argv[1]
img = cv2.imread(file_name)
img2 = mkimg(img)

cv2.imwrite(file_name.replace(".",".out."),img2)

広さの調整

元画像:上総更級公園の遊歩道
ぼかし画像:広さ i = 10 比率 v = 1
ぼかし画像:広さ i = 30 比率 v = 1

使う情報の広さを広くする方が、強くぼけ、印象派の絵画に似てくる。柔らかみが増し、ノイズが減る。特に遠くから見ると綺麗に見えるが、近くから見るとただのピンぼけで、細かい部分が物足りない。

元画像との混合比率の調整

ぼかしの柔らかみと、細かい部分の情報の表示を同時に実現するために、元画像とぼかし画像との混合比率を調整した画像にする。

ぼかし画像:広さ i = 30 比率 v = 0.7( = 元画像が 0.3)
ぼかし画像:広さ i = 30 比率 v = 0.3 ( = 元画像が 0.7)

広さ i = 30 比率 v = 0.3 ( = 元画像が 0.7)が良い感じだ。広くぼかして、それを元画像に少し混ぜるのが良いらしい。

OpenCV で画像をぼかす” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

OpenCV で画像の読み書き