ドクダミの白い花 白い部分は花びらではなく総苞

サツキの赤い花を背景に、ドクダミの白い花を撮影した。白い十字になっている部分は花弁(かべん:花びら)ではなく、総苞(そうほう)と呼ばれる保護器官・昆虫誘引器官である。黄色い部分は花穂(かすい)と呼ばれ、そこに小型の雄しべと雌しべが密集している。

ドクダミの花の特徴

茎先に十字型の白い花を咲かせる。 花びらのように見えるものは、葉に近い性質をもった総苞と呼ばれるものである。 実際のドクダミには花弁も萼片もない。 花の中央に穂状になっているのは雄しべと雌しべである。

https://minhana.net/wiki/ドクダミ/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。