いろは坂

自転車でいろは坂を走った。第二いろは坂(登り)、中禅寺湖、第一いろは坂(下り)の順に、撮った写真を投稿する。紅葉の写真を撮るために中禅寺湖を目指したのだが、遅かった。代わりに美しい雪景色を楽しめた。

第二いろは坂(登り)

黒髪平展望台

いろは坂の登りの途中に黒髪平展望台と呼ばれる展望台があった。海抜は1,173m。紅葉の季節が終わっていることを知った。

黒髪平展望台の石碑
黒髪平展望台からの景色

黒髪平展望台付近から雪が降り始めた。白線が凍り、自転車のペダルを強く漕ぐと、タイヤがスリップするようになった。

明智平

明智平では天気は完全に雪になった。この日の日光の天気予報は晴れなので、この天候を想定していなかった。寒い。

ところが、いろは坂は一方通行で、逆走が禁止されている。サイクリングを中断することはできず、前に進むしか選択肢が無い。

明智平からの景色
明智平の天候
明智平の石碑 男体山が見える場所のようだが、今日は全く見えない
明智平ロープウェイは、強風のため運休

明智平の前で、追い越す車の車窓からお姉さんに応援してもらった。元気が出た。人の笑顔・応援にこんな効果があると初めて知った。ありがとうと言いたかったが、ちょうど白線に乗ってスリップしたため、感謝の気持を伝えることができなかった。

中禅寺湖

いろは坂のトンネルを抜けると雪国になった。立ち往生するかと思ったが、大丈夫だった。クロスバイクの普通のタイヤは、雪でもある程度グリップして走れると知った。

そして目的の中禅寺湖に着いた。紅葉狩りに来たのだが、遅かった。寒い。

中禅寺湖
中禅寺湖のスワン乗り場付近の木々

この時期、付近の店は営業時間に営業しているとは限らないことを、お土産屋のおばあさんに教えてもらった。

第一いろは坂(下り)

中禅寺湖周辺を観光する計画だったが、天候が悪く断念した。

剣ヶ峰展望所

いろは坂の下りの途中に、剣ヶ峰展望所と呼ばれる展望所があった。石碑に滝の名前が記されている。左の滝が方等滝、右の滝が般若滝。

剣ヶ峰展望所の石碑
左の滝が方等滝、右の滝が般若滝
方等滝

ガードレール

いろは坂はヘアピンカーブを繰り返す道なので、連なるガードレールを見れる。珍しい景色だ。

連なるガードレール
いろは坂のガードレールと木々
いろは坂とガードレールと山

いろは坂の冬のサイクリングの所感

11月下旬のいろは坂で、想定外だったが、美しい雪景色を楽しめた。

ただ、サイクリングの衣服が不適切だった。軍手が雪で濡れ、手が悴んで(かじかんで)ブレーキをする握力が少し弱くなったのが分かった。もしももっと寒かったら、急勾配の下り坂でブレーキできなくなり危険だと思った。冬は防寒・防水対策をしっかりしたい。

撮影場所

撮影場所いろは坂、中禅寺湖
撮影日2021年11月27日(土)
住所栃木県日光市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

肥後細川庭園の紅葉

次の記事

寂光の滝