日光山輪王寺の本堂「三仏堂」

三仏堂(さんぶつどう)は輪王寺の本堂で、堂内にて三体の大仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)を拝むことができる。三仏堂の前には、推定樹齢500年の金剛桜(こんごうざくら)がある。

三仏堂

三仏堂は大きな木造の建物で、重要文化財、世界遺産に指定されている。堂内にて三体の大仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)を拝むことができる。堂内の写真撮影は禁止されている。

三仏堂

金剛桜

三仏堂の前には、金剛桜(こんごうざくら)がある。天然記念物に指定され、推定樹齢500年。山桜の勝れた変異種で大輪の花が咲く。桜の花の季節ではなかったが、代わりに紅葉を見れた。

金剛桜
金剛桜は特殊な樹形をしている

撮影場所

撮影場所三仏堂
撮影日2021年11月28日(日)
住所〒321-1431 栃木県日光市山内2300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

寂光の滝

次の記事

田母沢御用邸