かすみがうら市水族館と、その周辺

かすみがうら市水族館を観光した。その周辺にも、観光地が集まっていた。

かすみがうら市水族館

かすみがうら市水族館の入り口。朝9:00頃に観光した際に、散歩中のケヅメリクガメと遭遇した。

かすみがうら市水族館の外観
散歩中のケヅメリクガメ

館内に随分大きな魚(アオウオ:150cm)が展示されている。周りのニジマスが小さく見える。

150cmの巨大アオウオ

水槽に魚など水棲動物が、説明書きとともに展示されていて、観察できる。中には大きな水槽もある。

館内の水槽

かすみがうら市歴史博物館

かすみがうら市歴史博物館の外見はお城。内部は4Fまであり、昔の人々がどのように漁業・農業を行い、暮らしてきたかが推察できるような展示物を見られる。館内写真撮影不可。

かすみがうら市歴史博物館

帆引き船

帆引き船は、霞ヶ浦の漁業のシンボルだったとされる。帆の力で網を引き、魚(ワカサギやシラウオ)を獲る。1880年(明治13年)に発明され、長らく霞ヶ浦周辺を豊かにしてきた。

帆引き船

旧福田家住宅(古民家)

古民家の旧福田家住宅では、昔(江戸時代頃)の暮らしを知ることができる。家の中に立ち入ることができ、囲炉裏、かまど、とうみ、むしろ機(むしろを織る機械)といった、古い家具を見られる。

旧福田家住宅
旧福田家住宅内部の展示物の1つ、囲炉裏

霞ヶ浦

人々の暮らしを豊かにしてきた霞ヶ浦の写真。周辺にサイクリングロードが整備されている。

霞ヶ浦

歩崎公園

歩崎公園は、サイクリングロード沿いの公園。サイクリストと、テントを張りキャンプをする人で賑わっていた。

歩崎公園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)