弾道検査管の標的 東京都板橋区の加賀公園で戦前の様子を垣間見る

東京都板橋区の加賀公園内、5月の新緑の中にあるコンクリート製の構築物は、弾道検査管(爆速測定管)の標的だった。戦前、板橋火薬製造所の火薬研究所が、火薬の性能を検証するために、ここに弾丸を打ち込んでいた。戦前の様子を垣間見れて、興味深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。