偕楽園

偕楽園(かいらくえん)は徳川斉昭(とくがわなりあき)が造園構想を練り設けた庭園。日本三名園の1つに数えられる。

梅林

広大な梅林があった。偕楽園は春には 3,000本の梅の花が咲き誇る梅の名所として知られている。私が観光をした日は、梅の葉は落ち寒々としていて、ここを歩いている人はほとんどいなかった。

孟宗竹林

孟宗竹(もうそうちく)の竹林

吐玉泉

吐玉泉(とぎょくせん)は徳川斉昭が設置した井筒。一日に約100トン湧出する。この水は茶室の茶の湯にも供された。

吐玉泉

紅葉・花

紅葉や赤い花を見かけた。

石碑

偕楽園には多くの石碑がある。

偕楽園記碑

上の写真は偕楽園記碑。偕楽園の名前の由来や創設した理由、利用の心得などが、斉昭の直筆で記されている。

正岡子規の句碑

上の写真の碑には、正岡子規が詠んだ句「崖急に 梅ことごとく 斜めなり」が刻まれている。地形に合わせて梅の木が斜めに立ち、懸命に花を咲かせているが、これは生まれる場所を選べないが生きる人間の人生にも似ている。

観梅碑(かんばいひ)
大日本史完成の地の碑

全397巻の日本の歴史書「大日本史」は、この地で完成した。

撮影場所

撮影場所偕楽園
撮影日2021年11月7日(日)
住所茨城県水戸市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

好文亭

次の記事

三笠公園