運用資産報告(2022年10月末)

運用資産

2022年10月末の運用資産は、30,422,425円になった。利益剰余金の年初からの変化額は、▲1,613,004円になった。

投資環境

インフレに対峙する米国FRBは政策金利を上げ続け、高金利が株式投資には逆風になっている。GAFAMの7-9月期決算においても利益の失速が現れた。中国では習近平(シー・ジンピン)総書記が3期目に入ったが、独裁色が現れており、地政学的リスクは強くなっている。

資産の部

勘定科目2021年12月末2022年10月末
現金1,845,624円1,276,792円
リスク資産28,549,805円29,145,633円
ロシア関連損失引当金▲392,999円
合計30,395,429円30,422,425円
運用資産

負債・純資産の部

勘定科目2021年12月末2022年10月末
資本金18,810,000円20,450,000円
利益剰余金11,585,429円9,972,425円
合計30,395,429円30,422,425円
運用原資

資産の変動要因

増資1,640,000円
利益剰余金の増加▲1,613,004円
合計26,996円
資産の変動要因

国内株ポートフォリオ

月末の国内株ポートフォリオは下記の通り。やや回復基調になった。もしもインフレと米国利上げのリスクが顕在化し株価が大きく下落した局面で株を買っていれば、もっと利益が出ていたと思うが、無理はせずに次のチャンスを待つのが良いと考えた。

その他の資産

KPI

ある程度活動していれば増えるはずのKPIは、下記の通り推移した。

KPI9月末10月末変化12月末予想
ブログ記事数99103+4112
読了本数2228+636
概念(メモシステム)記事数106121+15150
サイコン距離12,274km2,284km+10km2,300km
サイコン距離2552km1,184km+632km2,200km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)