CATEYE のサイコンが Unit と表示されたまま動かなくなった際の対応

CATEYE のサイコンが Unit と表示されたまま動かなくなった場合、サイコンの裏側のボタンを操作しながら、計測単位、タイヤの周長、時刻を入力すれば直る。

現象

サイクリングの途中で CATEYE のサイコンが Unit と表示されたまま動かなくなった。下の写真のようになる。(Unlt とも読めるが、Unitと読む。)

Unitの表示のまま止まったサイコン

電池切れではなく、前輪のセンサーの不具合でもないらしい。これはサイコンの初期設定画面で、計測単位をキロメートルとマイルのどちらで表示するかを問われている。

原因

何かの拍子に ALL CLEAR ボタンが押されたらしい。

残念ながら累計の走行距離もリセットされる。

対応

サイコンの裏側のボタンを操作しながら、計測単位、タイヤの周長、時刻を入力すれば直る。下ボタンで数値増加、下ボタン長押しで桁変更、右ボタンで確定する。マニュアルを参照すると良い。

意外なことに、タイヤの周長は、タイヤの直径×円周率とはやや異なる。接地の具合が異なるため、タイヤが細いほど周長が短く見える。タイヤの空気圧を適正にして実測するのが望ましい。

が、私は面倒くさいのでマニュアルのタイヤ周長ガイドを参照して周長を設定した。私のロードバイクは 700×25C で、ガイドによると周長は2105mm ほどとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

碓氷峠のめがね橋