吉見百穴

吉見百穴(よしみひゃくあな)は、古墳時代後期に死者を埋葬した横穴。戦時中は、地下工場も建設された。

吉見百穴

吉見百穴は、古墳時代後期に死者を埋葬した横穴。高貴な人やその家族が埋葬されたとされる。

吉見百穴

吉見百穴からの景色

吉見百穴から街が見える。古墳時代後期に死者を埋葬した際も、村が一望できたのだろうと考えた。

吉見百穴からの景色

天気が良いと富士山も見えるらしいが、この日は曇っていた。

ヒカリゴケ

吉見百穴ではヒカリゴケ(光苔)を観察できる。ヒカリゴケは、レンズ状の細胞が外から入る光を反射し、黄緑色に輝いて見える。

ヒカリゴケ

湿度の高い時期はもっと綺麗に見えるらしい。

軍需工場跡

戦時中に、地下軍需工場が建設された。その跡地の入り口を見ることができる。(立ち入りはできない。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)